単身の引越しで料金を抑えるコツ

単身引越しというのは、家族で引越す時に比べて、随分と安く済ませることができるのが魅力です。しかし、何の工夫もせずに業者を利用すると工夫をした場合に比べて高くなってしまいますので、注意しておきたいところです。なお、料金を安く抑えるコツというのは色々とあります。複数の方法を知っておき、その中から自分ができそうな方法を選んで引越すことで、無理なく安く引越すことができます。単純に複数の業者に見積もりの依頼をして比較をするだけでは得られない効果というのがありますので、注意しておきたいところです。ポイントとなるのは、業者のシステムをよく理解することです。そうすれば、どういった立ち回り方をして作業を進めていけば良いのか判断できるようになることでしょう。

余計なサービスを利用しないという工夫

単身引越しの料金をなるべく安くしたいという時には、余計なサービスを利用しないことが大切です。業者では、効率良く引越せるよう、色々と便利なサービスを用意しているものですが、無料サービスだけでなく有料サービスもあります。有料サービスを利用すれば、当然費用は高くなりますから、それを利用しないことが大切になってくるわけです。例えば、ダンボールを購入することができますが、ここにお金をかけてしまうのはもったいないものです。ダンボールというのは、スーパーマーケットに行けば無料でもらえます。ですから、荷造りを行う時に、前もってダンボールを確保しておけば、お金をかけずに効率良く作業を進めていけます。また、有料で不用品の処分をしてくれる業者も存在しますが、自分でお金をかけずに処分できるのであれば、そうしておいた方が安く済んで良いでしょう。

安くするため自分で運ぶ時の注意点

単身引越しを行う時に、料金をできる限り安くしたいと思った時には、なるべく荷物を自分で運ぶに限ります。搬出・搬入をお願いする荷物の量が減れば、それだけ費用を安くできることでしょう。ただし、この時には注意が必要です。業者の方では、運ぶ量が変わっても金額が変わらないことがあるからです。これはどういうことかと言うと、例えばコンテナボックスを利用するプランというのがあり、これに入りきるだけの量を運んでもらえます。つまり、フルに入れても少ししか入れなくても金額は変わらないということです。どうせ金額が変わらないのであれば、なるべくたくさんの荷物を入れた方がお得でしょう。自分で運ぶことも大切ですが、張り切りすぎて、業者にお願いしても金額が変わらない分も自分で運んでしまうのは、時間や体力の無駄と言えます。