料金から選ぶ単身向け引越し業者

単身赴任や一人世帯が増えたために、引越し業者の中でも単身引越しパックの独自料金体系を作っているところがほとんどです。しかし、一口に一人用の引っ越しといっても、業者によって料金は様々です。それでは、どんなところに違いが出るのでしょうか。まず、基本的な問題として、トラックと作業員の手配があります。これらは業者のものですが、引っ越し作業の間、その案件に拘束されることになります。人件費やトラックの種類は固定的な経費です。この人とモノにかかる経費が引っ越し料金の原価として値段に反映されるのです。人件費の単価水準が高いところもあれば低いところもあり、使用するトラックが軽か2t車か大型かなどの違いによっても、値段が変わってきます。これらは各業者それぞれに特徴があります。

とにかく安い値段で済ませたい場合

引っ越しというと、すぐに名前が浮かぶような会社がいくつもありますが、これは広告宣伝費を多数使っているということです。それらの大手の場合、単身引越しであってもそこまで安くはなりません。とにかく安くしたいと考えている場合は、これらの知っている業者ではなくて、地場の名前も知らないような業者を探すのが、まずは第一歩です。知らないといっても、今は比較サイトや一括見積サイトなどでチェックすることが出来ますので、それほど難しくはありません。もうひとつ、安く上げるポイントは、出来るだけ現住所に近い業者を探すことです。非常に長距離の引っ越しの場合は別ですが、一般的には作業員とトラックの移動時間が少ないほど値段が安くなりますので、これはおさえておきたいポイントです。

しっかりしたサービスを受けたい場合

ただ安いだけだと、荷物の扱いや搬出・搬入の時のトラブルが心配という方もいらっしゃると思います。そういう方には、サービスのラインナップが豊富な業者をおすすめします。安いプランを提供している業者でも、オプションでいろいろなサービスを付加することが可能な場合がほとんどです。大手になりますと、全て一括のサービスプランというものもあります。どちらがよいかは、プランの中に、必要と考えているサービスが入っているかどうかを確認して決めればよいのです。不明な部分は、事前に質問して疑問点を解決しておくのが、スムーズな引っ越しには重要です。例えば、作業時間は選べるか、養生はどこまでしてもらえるのか、マンションの場合は、管理組合への手続きはしてくれるのか、など、ちょっとでも不安に思うことは確認しましょう。